国連が掲げる持続可能な開発目標=SDGs(エスディージーズ)の達成に向けて九州各県の大学生が意見を交わすイベントが九州大学で開かれました。

25日午後福岡市西区の九州大学伊都キャンパスで開かれたイベントには九州各県の大学生約80人が参加しました。

このイベントは、各大学の教授と学生が一緒になってSDGsについて考えようと去年から開かれていて25日は各団体が活動内容を発表しました。

長崎県五島市出身の大学生たちでつくる団体「maiPLA(マイプラ)」は、海洋ゴミ問題の解決に向け海岸の清掃活動の取り組みなどを紹介していました。