大分県別府市で去年起きた大学生ひき逃げ死傷事件で重要指名手配されている八田容疑者の目撃情報について、関東エリアで急増していることがわかりました。このため県警は情報の精査や追跡捜査する人員を増やし、態勢を強化したことを明らかにしました。

「目撃情報」関東エリアが大多数に

ひき逃げの疑いで警察庁から重要指名手配に指定されているのは八田與一容疑者(27)です。八田容疑者は去年6月、別府市野口原の県道で停車中のバイク2台に軽乗用車で追突、大学生2人を死傷させ現場から逃走した疑いがもたれています。

警察庁は事件の凶悪性から八田容疑者を道路交通法違反では全国初となる重要指名手配に指定。八田容疑者を加えた新たな指名手配書が10月1日から全国で掲示されています。

捜査特別報奨金の対象事件にも指定されていて、有力な情報提供者には公的懸賞金として300万円が支払われます。遺族による私的懸賞金500万円も含めると上限額は800万円となっています。

県警によりますと、9月末までに2363件の情報が寄せられていて、このうち目撃情報は2174件に上っています。県内が254件、県外では1678件、SNSなどのインターネットから242件となっています。地域別では、九州は327件、関東は679件、近畿は277件、そのほかの地域が395件となっています。