この時期、大雨への警戒が呼びかけられる際、「事前にハザードマップを見て、どこが危険かを確認…」といったフレーズを、ニュースや天気予報でよく見たり聞いたりするのではないでしょうか。災害リスクの高い場所で身を守るための情報の一つとしてハザードマップはとても重要です。

一方で、ハザードマップがすべての危険性を網羅しているわけではありません。去年、犠牲者が出た土砂災害を例に、ハザードマップを取り扱う上での注意点を見ていきます。

★行方不明から1週間後に車内から…

西日本を中心に異例の長雨となった去年8月の大雨。特にお盆の頃、九州各地や広島県には、大雨特別警報線状降水帯発生情報が相次いで発表され、記録的な雨量を観測しました。この大雨で、広島県では3人が犠牲となりましたが、その現場の一つが、安芸高田市美土里町で起きた土砂崩れです。

現場は、広島県北部の山間部を走る林道です。中国自動車道の高田ICから1キロほどの場所で、安芸高田市の中心部方面へ抜けることができる道です。林道といっても車がすれ違うことができる幅はあり、路面も舗装されています。災害から10か月ほどたった今でも現場付近では、茶色い土がむき出しの状態となっています。

ここでは去年8月の大雨で、林道沿いの山の斜面が崩れ、大量の土砂や木々が道路を横切る形で流れ下りました。この土砂崩れで、安芸高田市に住む70代の男性が乗っていた車ごと巻き込まれて犠牲となっています。


走行中だったのか、付近に停車していて巻き込まれたのかはわかっていませんが、土砂に埋もれた車が見つかったのは、男性の行方が分からなくなってから1週間後のことでした。