■第106回日本選手権・3日目(11日 大阪・ヤンマースタジアム長居)

7月の世界陸上オレゴンの日本代表選考を兼ねた日本選手権が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、女子やり投決勝では日本記録保持者・北口榛花(24・JAL)が連覇を果たした。

東京五輪で同種目57年ぶりの決勝に進出した北口は、66m00の日本記録保持者。5月のゴールデングランプリでは世界陸上の参加標準記録(64m00)にあと7センチ足りなかった。今回突破を狙ったが、今大会では1m75cm及ばず、代表内定はならなかった。

笑顔がトレードマークの北口は、会場で名前が紹介されるとこの日も満面の笑みを観客に見せた。5月の木南記念では「63~64mを3投目までに出す試合を続けていきたいです。私自身も安心できますし、見ているみんなも安心できます(笑)。4投目以降で攻めることができますので。そういった試合を続けていれば標準記録は出ると思ってやっています」と語っていた。

この日、3投目に62m25を投げ全体のトップに立った北口。後半に記録を出すことが多い北口だったが5投目、6投目は記録なしに終わった。