ロシアによるウクライナ侵攻でインフレが続く中、ECB=ヨーロッパ中央銀行は9日、理事会を開き、政策金利を0.25%引き上げる方針を決めました。

ECBは9日に理事会を開き、ロシアによるウクライナ侵攻でエネルギー価格や食料価格が上昇し続ける中、今後の金融政策について協議しました。その結果、量的金融緩和策を7月1日で終了し、政策金利を0.25%引き上げる方針を決めました。金利の引き上げは11年ぶりで、9月にはさらに引き上げる見通しです。

理事会のあとラガルド総裁は会見で「高いインフレ率は我々にとって非常に大きな試練だ」と話し、しばらくの間、物価上昇が続くとの懸念を示しました。