日本サッカー協会は24日、U-23アジアカップ(6月1~19日、ウズベキスタン)を戦う、U-21日本代表メンバー21名を発表した。高卒1年目のFC東京・松木玖生(19)やドイツのシュツットガルトに入団したチェイス・アンリ(18)らが名を連ねた。最大登録は23名で、残り2名は後日発表される。

「嬉しく思いますし、しっかりと東京の誇りを持ってプレーしなければいけないと思いました」。発表を受け取材に応じた松木は、代表入りを静かに喜んだ。

飛び級での招集となった松木は、青森山田高校時代に強力なキャプテンシーでチームを高校3冠に導き、今季FC東京に入団。開幕戦でプロデビューを果たすとコンスタントに試合に出場、高卒1年目ながら存在感を示しすでにゴールも挙げている。プロでの手応えについて「ゴールに向かうことだったり、自分としては球際だったりインテンシティな部分で相手と互角以上にできている自信はある」と話す。

パリ五輪世代にとって重要な大会となるアジアカップ。松木は「まずは一試合を勝ち切ること」としながらも「出たらしっかり結果を残してやろうと思ってます」と意気込んだ。日本は6月3日にUAEとの初戦を迎える。

松木選手(公開練習)

【代表メンバー一覧】

■GK
小久保玲央ブライアン(21、ベンフィカ/ポルトガル)
佐々木雅士(20、柏レイソル)
鈴木彩艶(19、浦和レッズ)

■DF
内野貴史(21、フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
西尾隆矢(21、セレッソ大阪)
加藤聖(20、V・ファーレン長崎)
馬場晴也(20、東京ヴェルディ)
半田陸(20、モンテディオ山形)
畑大雅(20、湘南ベルマーレ)
鈴木海音(19、栃木SC)
チェイス・アンリ(18、シュツットガルト/ドイツ)

■MF
松岡大起(20、清水エスパルス)
斉藤光毅(20、ロンメル/ベルギー)
小田裕太郎(20、ヴィッセル神戸)
山本理仁(20、東京ヴェルディ)
藤田譲瑠チマ(20、横浜F・マリノス)
三戸舜介(19、アルビレックス新潟)
松木玖生(19、FC東京)

■FW
藤尾翔太(21、徳島ヴォルティス)
細谷真大(20、柏レイソル)
鈴木唯人(20、清水エスパルス)