愛知の明治用水 取水施設のトラブルの原因は、川底の穴から水が漏れ出したからと考えられています。

5月16日午前に撮影された映像には、小さな渦が取水施設の水面に現れています。


(映像を撮影した 近所の市川さん夫妻) 
「70年生きてきて、(こんなことは)ないです」
「(16日の)夕方には2メートル以上、水減ってましたんで、これは異常だと」

そして、これは市川さんが4月2日に撮影した、取水施設付近の風景。そこで、同じ場所を、5月20日午前に撮影したところ…水位が下がり、すっかり変わってしまいました。


また、別の人が撮った映像、16日午前の水面にできた「渦」ですが…午後になると、更に大きくなっていました。

これは、取水施設を挟んで上流の川底に空いた穴から、水が施設の下を通り、下流から大量に噴き出している状況で、専門家によると「パイピング現象」が起きたからと推測されています。