戦火を逃れてウクライナから避難した家族5人が、広島・三次市で暮らしています。複雑な思いを抱えながらも地元の人たちのサポートを受けながら少しずつ平穏な生活を取り戻しています。


三次市に住んで20年 ウクライナ出身 オクサナ・ヤシチェンコさん
― これ、何て書いてあるんですか?
「『戦争をやめて ウクライナに平和』。ずっと辛かった。見るだけで涙がたまらなかった」


三次市に住んで20年になるウクライナ出身のオクサナ・ヤシチェンコさんです。


オクサナさんが無事を祈り続けていた、いとこのブワイロさん一家が、先月、三次市に避難してきました。末っ子のポリーナちゃんは、まだ生後8か月です。


日本へ来て1か月余り…。父・ディミトルさんと長男のアレクサンドルくんは、日本語教室にも通うようになり、少しずつ日本語を覚えています。


取材中、正午のサイレンが聞こえてきました。


オクサナ・ヤシチェンコさん
「このサイレンは向こう(ウクライナ)は、1日ずっと止まらない。(三次市は)月曜日12時にサイレンが鳴る。それを忘れて、『どうした。避難しないといけない。何かあった』と、やっぱり心にまだ残っている」


ブワイロさん一家の自宅は、東部・ドネツク州のコンスタンチノフカにあります。

オクサナ・ヤシチェンコさん
「本当にきれいな丘陵もあって、楽しかった公園が、今は全部なくなった。爆撃でね」


ブワイロさん一家は、4月3日、不定期で到着した列車に飛び乗り、首都キーウを経由して、ポーランドのワルシャワへ向かいました。列車は座る場所もないほど人であふれていました。長男は荷物棚に…、幼い子ども2人は横長のイスに寝るなどして長旅をしのいだといいます。