人気スイーツを掛け合わせた“ハイブリッドスイーツ”。「カヌレ」と「プリン」に「テリーヌ」と「海苔」!?美味しさが2乗になるスイーツをご紹介!

■大人気スイーツ プリン研究家“プリン王子”が考案

まずは今、第2次ブームとなっているカヌレと、人気スイーツを掛け合わせた新食感のハイブリッド。

お客さん
「スプーン入れたときも結構硬かったので、新しい感じがしました」
「印象が変わるので可愛いなってと思いました」お客さんも絶賛するハイブリッドスイーツを出しているのが、RIVERSIDE CLUB。
その大人気スイーツが・・・

RIVERSIDE CLUBパティシエ 永尾杏奈さん
「プリンとカヌレを掛け合わせたカヌレプリンになります」今人気が再燃しているカヌレと、プリンを掛け合わせたというその名も▼カヌレプリン(セットドリンク付1380円)。
2021年11月、1日60食の期間限定で販売し、その新食感と美味しさが話題となり、レギュラーメニューに昇格した大人気スイーツ!

気になるそのお味は・・・

金井憧れレポーター
「スプーンを入れた時にスッと入るかと思ったんですけど、結構しっかりとした弾力があるので、ちょっと力がいるぐらい、それくらいのもっちり感があります」

ココナッツや抹茶ソース(トッピング各150円)で違った味が楽しめるのも人気の理由の1つ。RIVERSIDE CLUBパティシエ 永尾杏奈さん
「実はこのプリンは、ある方のアイディアから生まれた商品なんです。本日その方来ていただいてるので・・・王子~」

「王子」と呼ばれるこの人物は、“プリン王子”こと池畑孝資さん。会社員の傍ら、日本各地のプリンをインスタグラムで紹介し、1年で800食以上のプリンを食べているという池端さん。
そんなプリン王子が、なぜハイブリッドスイーツを考案することになったのでしょうか?

プリン王子 池畑孝資さん
「初めてカヌレを食べた時に、もちっとした食感がポルトガルプリンにそっくりで。カヌレの形をしたプリンを作ったら面白いんじゃないかなと思って」

ハイブリッドで美味しいプリンを食べたいという思いから、自分で作ることを決心したプリン王子。

プリン王子 池畑孝資さん
「3か月間ぐらいやったんですけど、やっぱりもっちり感を出すのがすごく難しくて苦戦しました」

そこで、このお店のパティシエである永尾さんに協力を依頼しました。

RIVERSIDE CLUBパティシエ 永尾杏奈さん
「卵感を結構残したい感じだったので卵黄を多めにして。あと焼き時間も何回か試作して結構調節しました」

その後、試行錯誤を繰り返すこと3か月。遂に“ある食材”にたどり着くことができたのです!

プリン王子 池畑孝資さん
「米粉を使ってこの食感が出ました」米粉のもっちり感がこのハイブリッドスイーツを完成させたのです!

プリン王子とパティシエのタッグで、カヌレとプリンのいいとこどりをした大人気スイーツが誕生しました。