バドミントンのアジア選手権・準決勝が30日、フィリピン・マニラで行われた。女子シングルスで大会連覇がかかる世界女王・山口茜(24)はインドのPV.シンドゥ(26)に逆転で勝利し大会連覇に王手をかけた。

女子シングルス準決勝は昨年の世界選手権覇者、山口と2019年の覇者、シンドゥとの新旧世界女王対決となった。第1ゲーム、山口は会場の風の流れが読めず序盤に6点のリードを許した。そして対戦成績8勝13敗と分が悪い相手に一気に攻め込まれ、13-21と先手を奪われた。

続く第2ゲームは身長が23cm高い相手の角度あるスマッシュと速攻に苦戦。徐々に点差を引き離されたが、中盤で相手に遅延行為があったと警告が与えられた。これに対し抗議した相手の集中力がきれ、山口が一気に逆転。このゲームを奪いゲームカウントを1-1にした。

最終第3ゲームは山口がこの試合で初めて先に11点を奪い、インターバルを迎えた。ここから相手も食らいつくが、山口らしい粘りのプレーや意表をつくショットが連発し1時間を超える接戦を制した。新旧世界女王対決は山口に軍配が上がり、大会連覇に王手をかけた。

山口茜 2(13-21・21-19・21-16)1 PV.シンドゥ