のーんびり温泉にでも行きたいけど、わざわざ遠出してまでは・・・と思っていませんか?
そんなあなたに思い立ったらすぐに行ける、東京周辺の日帰り温泉をご紹介します。

■自然あふれる秩父の重曹泉 名物のホルモン焼きも


高柳光希アナウンサー
「都心から電車で約1時間半。埼玉県の西武線西武秩父駅に来ています。秩父エリアで人気ナンバー1の温泉があるということでさっそく行ってみたいと思います」

まず高柳アナが向かったのは、山間にある秩父川端温泉「梵(ぼん)の湯」です。

高柳アナ
「自然に囲まれた中にひっそりとたたずんでいる落ち着いた雰囲気が感じられますね」

中に入ると、館内は全て畳敷き。開放的な空間でくつろぐことができます。そして、温泉はというと。

高柳「こちらご覧ください。湯舟のまわりも床が畳敷きなんですよね。珍しいです。こちら内風呂です。そしてやっぱり露天風呂が気になりますよね。自然があふれていてとっても開放感があります。鳥のさえずりなんかも聞こえますね」

温泉は、関東では珍しいお肌にいい“重曹泉”です。

高柳アナ
「あーいいですね、あっ最高。かなりすべすべしてきます。入っただけでわかる。なんか新しい。こんなの初めて」

石鹸のように皮膚を洗浄し不要な肌の角質を落としてくれるので“美人の湯”とも呼ばれています。

利用者
「すごくツルツルになって美容に良いっていう。最高です。もうツルツルのトロトロの」

秩父川端温泉「梵の湯」 梅澤正行代表取締役
「ナトリウム系炭酸水素が含まれているものが『重曹泉』という温泉になるんですね。日本全国の中にも何か所かあるんですけど、関東では珍しいですかね」

そして、お風呂から上がったらぜひ食べて欲しい“温泉飯”。

梅澤代表取締役
「おすすめの秩父名物ホルモン焼き定食になります」
高柳アナ
「美味しそう!ホルモンなんですね」

秩父名物ホルモン焼き定食、お値段800円(税込)。

高柳アナ
「もやしのシャキシャキ感とホルモンの相性が抜群ですね。ピリ辛のたれもとても相性よくて本当に美味しいです」

他にも秩父名物わらじかつ丼 1000円(税込)など、お風呂上りにお腹を満たしてくれる“温泉飯”おすすめです。