子ども達は夏休み。家族で帰省をしたり、外出をしたりと、車を使う機会も増えますよね。そこで、意外と知らない交通ルールを調べました。これを知っておけば、より安全にドライブを楽しめるはずです。

街の人:
「運転しながら、飲み物とか飲みたくなる時ってあるじゃないですか。そういうのはどうなのかなって思いますね。運転席にもドリンクホルダーがあるから…どうなんですかね」
街の人:
「スマホは、ナビとかを使ったりするので。どうなんですかね、手で持たなかったらいいかなっていう」
街の人:
「もう時代変わりましたから、免許取ったときから」

免許をとるときにしっかり勉強したはずなのに、いまさら聞けない交通ルール。改めて警察で、うっかりやりがちな交通違反を聞いてきました。

まずは履き物、サンダルは?

特に暑いこの時期、サンダルで運転しちゃいがちですが、実はNG!

山口県警交通企画課・利重明宏さん:
「サンダル、高いヒール こういうもので運転をされる場合は、交通違反に該当することがあります」

山口県道路交通規則で「げた、木製サンダル、その他の運転操作に支障を及ぼすおそれのある履き物を履いて運転しないこと」(一部省略)と定められています。確かに、げたやサンダルは運転しにくそうですが・・・脱げやすいサンダルやヒール、底が厚い靴など、運転操作がしにくい履き物は、交通規則に反するおそれがあります。

はだしは違反にはなりませんが、事故が起こった時に危険なので、避けた方がいいそうです。

音楽を大音量で聞くのは・・・?

これも県道路交通規則で「安全な運転に必要な音や声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと」という規則に違反します。安全運転に必要な音とは、救急車やパトカーのサイレン、踏切の音のこと。

では、歌いながらの運転は??

県警交通企画課・利重さん:
「安全運転に必要な音が聞こえる音量で音楽を流しながら、歌って、歌を歌うということについては、特段問題はありません。しかし、歌を歌うことに集中してですね、運転の方がおろそかになるようなことは避けて下さい。」

全力歌唱は運転に集中できなくなるので、やめときますか。運転中の音楽は、まわりの音が聞こえるくらいで楽しみましょう。

ペットとドライブ♪

かわいいペットと一緒にドライブを楽しみたい人もいますよね。

助手席の窓から顔を出すワンちゃんをたまに見るような気がしますが・・・ペットを車内で自由にさせるのは、道路交通法に違反するNG行為なんです。

また水たまりを通って、歩行者やほかの車に水をかけてしまう。これも交通違反となります。服のクリーニング代を請求されるなど、民事上の賠償責任も負うことになるので雨の日の運転は慎重に!