6月は「土砂災害防止月間」です。静岡県下田市では16日、県の土木事務所などによる急傾斜地パトロールが行われました。

このパトロールは近年相次いでいる豪雨災害に備えて、土砂崩れなどが発生しやすい急傾斜地の防災設備などを点検するものです。

参加した静岡県の下田土木事務所の職員らは、家に隣接する急傾斜地の状態を確認したほか、人が立ち入れない場所ではドローンを使い、斜面に亀裂がないかなどを点検しました。

県下田土木事務所では、7月7日まで賀茂地域6市町でこういった点検を行う予定です。