(記者)「監督、このお話が来たときはどういう風に思われたんでしょうか?」(門馬敬治さん)「本当に私でいいのかなというのが正直な気持ちでした。立ちたいな…グラウンドにですね。またあのような環境の中で、選…