JR西日本岡山支社が来年度以降、山陽本線などに導入する新型車両227系のデザインを発表しました。
ピンクのラインは「岡山の桃」「福山のバラ」「尾道の桜」をイメージ

穏やかな気候や風土をイメージしてデザインされた新型車両には、ピンクのラインがあしらわれます。山陽本線の沿線を象徴する「岡山の桃」「福山のバラ」「尾道の桜」を表したもので、豊饒と穏和=”豊穏の彩”をコンセプトにしています。
出入口のスペースを拡大 2か国語の行き先案内も
出入り口付近は、乗り降りがしやすいよう従来のものよりスペースが広がっています。また車内のドアの上部には情報表示装置が設けられ、2か国語での行き先案内が表示されるということです。
2両編成と3両編成の計101両を導入(2023年度~)

新型車両は山陽本線などに導入される予定で、2023年度からJR岡山支社管内の101両が入れ替わります。
「快適に過ごしていただき、安全性も高める」

(JR西日本岡山支社 平島 道孝 支社長)
「快適に過ごしていただき、なおかつ安全性も高める、さらに地球環境といった観点からも省エネルギーにつながる」
国鉄車両113系・115系などに代わる、20年ぶりの新型車両導入です

JR岡山支社管内での新型車両の導入は、2003年以来20年ぶりです。