まもなく3年に1度の参議院議員選挙…。前回の参院選で思いがけなく注目された「車上運動員」。いわゆる “ウグイス嬢” という職業について今一度、確認しておきたいことがあります。


きょうのテーマは、イマシリは、『あの事件から3年 ここがつらいよ “ウグイス嬢”』。実際、どんなお仕事なんでしょうか?


6月22日公示・7月10日投開票となる参院選。前回は、選挙違反があったことで、「車上運動員」、いわゆる “ウグイス嬢” と呼ばれる人たちには、ある意味、不名誉な注目が集まってしまいました。みなさん、そもそも “ウグイス嬢” ってどんなイメージですか? およそ40年、選挙カーに乗っていた女性に “ウグイス嬢” の仕事の実態をうかがってきました。


長年、“ウグイス嬢” を務めた 小牧裕美さん
「『みなさん、候補の元気な声をお聞きください』っていうふうに言うんです。『おれか?』ってなるんですよ」

広島市に住む小牧裕美さん。同僚が町議会議員に立候補した縁で “ウグイス嬢” を務めるようになりました。6年前までおよそ40年にわたり国政選挙から町議会選挙までさまざまな候補者の選挙カーに乗ってきました。


この間、話し方の講師の資格などを取り、新たに “ウグイス嬢” になる人へのアドバイスもしてきたといいます。


小牧裕美さん
「手を振るのもただ振っているわけじゃないんですよ。せまい道だったら横にする方もあるけど、それだったら向こうから対向車が来たときに危ないないですよね。だから手の振り方も違うし、上品さも違いますよね。指を広げて振られると品がないですから」

 “ウグイス嬢” の仕事は、遊説するエリアの住所を覚えることや、ライバルとなるほかの候補者の名前を頭に入れることから始まるそうです。


小牧裕美さん
「こういうふうにすれ違いますよね、候補者同士が。そのときに、だから『山』って、ぱっと見えたとしたら、下の名前をちゃんと覚えていれば、『山下候補のご健闘をお祈りします』ってすぐ言えますよね。やっぱり候補はね、先に言ってほしいんですよ。負けたって感じになるので、こっちが先に言わないと」


― 礼儀正しいようで、要はマウントを取る?
「いや、勝ち負けじゃないですけど、 “ウグイス” はそれぐらいの気持ちでやっています」