両目が充血し、痛みでスマホの文字すら見えなくなることも…。アデノウイルスの感染によって起こる「流行性角結膜炎」通称、はやり目です。非常に強い感染力を持つため、医師の許可が出るまで出勤できません。

症状が回復したとしても後遺症が残るケースも…。一言で表すと、タフでしつこいウイルスです。「RCCの記者も経験、簡単には完治しない『はやり目』」を深掘りします。

いま、全国で流行している「はやり目」ですが、かかった場合、強制的に出勤を控えなければなりません。「はやり目」にかかって2週間療養した記者の体験から、その症状を深掘りします。

末川徹 記者
「きょうこそは目がよくなっているのでは?と期待したが、よくなっていません。目の全体が充血しています。小さい砂が入っているような感覚で、ゴロゴロしています」

特効薬はありません。

末川徹 記者
「夜、寝ている間に涙がずっと出ていて、朝起きると、目ヤニがまぶたにくっついて、目を開けるのに時間がかかりります」

一日4回、処方された2種類の目薬を使って回復を待つ日々です。

末川徹 記者
「いつ治るのか、不安と闘いながらの生活です」

症状に気がついたのは、9月7日の朝、起きた直後でした。左目が充血しはじめ、大量の目ヤニがこびりついていたのです。10日は、右目も充血…、仕事を早めに切り上げ、眼科で検査した結果、「アデノウイルス性結膜炎」と診断されました。