きのう(1日)広島市で、ペダル付き電動バイクと路面電車が衝突した事故の続報です。


事故があったのは広島市西区天満町の交差点です。

警察などによりますと、きのう(1日)午後6時半過ぎ、交差点を横断していたペダル付電動バイクと、広島港発・西広島駅行きの路面電車が衝突しました。


この事故でペダル付電動バイクに乗っていた男性が電車の下敷きになるなどして重傷です。電車の乗客と乗員にけがはありませんでした。

「(自転車が走っていた)勢い自体は普通の自転車の速度と同じくらいだとは思う」(事故目撃者)

警察によりますと、ペダル付電動バイクは、モーターの出力などによっては、道路交通法上で「原動機付自転車」にあたり、ナンバープレートやヘルメットなどの装着義務があります。


今回のペダル付電動バイクにナンバープレートはついておらず、男性はヘルメットもかぶっていなかったということです。警察は、男性がペダル付電動バイクに乗っていた際に違反がなかったかどうかも確認しています。

また、警察が電車のドライブレコーダーを調べたところ、電車側の信号は青だったということです。警察は、男性が赤信号で交差点に侵入した可能性が高いとみて、調べています。

解説

今回、路面電車と衝突した「ペダル付電動バイク」ですが、一般的には、このような乗り物なんですね。