街の人たち
「暑い。健康によくない。歩いているときにはいらない」
「外したくない」
「まだまだ心配、新型コロナが」

最近、議論が盛り上がってきたマスクを外すべきか、つけるべきか問題…。


「早く外したい」
「声がこもって聞きにくい。お互いコミュニケーションをとるときに不都合がある」


そう、マスクは、コミュニケーションの問題でもあるんです。きょうのテーマは、『マスクのデメリット』。5年・10年先?の心配事についてお伝えします。

もう2年以上も着用しているマスクですけれども、今、場面によっては積極的に外した方がいいのではないかという声が出ています。24日までに公表された厚生労働省や文科省の見解です。

厚労省
▽ 屋外で目安として2m以上の距離がとれる場合はマスク不要
▽ 2歳以上、就学前の子どもたちへのマスク着用も一律には求めない

文科省
▽ 体育の時間は屋外の運動場に限らず、プールや屋内の体育館なども含めてマスクの着用は必要ない


マスクをつけていると、夏は暑いし、熱中症も心配です。ただ、専門家たちが指摘する理由には、ほかに子どもたちの将来に関する心配があります。どういうことなのか、子どもの感覚の発達などが専門の医師に話を聞きました。