原油高に始まり、さまざまなものが値上げとなる中、踏ん張っている店がここに! きょうのテーマは、「庶民の味方は健在です! 250円弁当と大盛りカツ丼」


最新の東京の消費者物価指数です。去年の同じ時期に比べて電気代は25.8%増、タマネギはなんと88.7%増。物価は大幅に上昇しています。ウクライナ侵攻の影響もこれから出るのではと心配は尽きませんが、長年、物価の上昇に抗ってきた “庶民の味方” は今、どう対応しているのでしょうか。2つの名物を取材しました。


中根夕希キャスター
「ありました、250円のお弁当。このボリュームで250円はもう安すぎます。しかも唐揚げ弁当に、豆腐ハンバーグ弁当、チキンカツ弁当など、こんなに種類があるなんて、すばらしすぎます」