先週土曜日、撮影された映像です。広島市西区の自動車専用道路「広島高速4号線」を走っているのは、「シニアカー」です。


警察によりますと、16日午後2時半ごろ、「逆走している電動車いすがある」と通報がありました。


山崎有貴記者
「表示に自転車などは『乗入れ禁止』とあります。シニアカーは、ここから入って行き、自動車専用道路を逆走していったということです。」

シニアカーに乗っていたのは、80代の男性でした。


山崎有貴記者
「高速道路公社によると、男性が進んできたのは、この幅1メートルほどの路肩だったということです。かなりせまい印象を受けます。路肩を逆走していたということです。」

男性は、広島市中心部側の出口側から入り、およそ700メートル進んだトンネルの前で引き返したということです。


映像は引き返すところを、警察官が出口まで誘導している様子をとらえたものでした。

映像を撮影した男性は…。


撮影した加納大輔さん
「パトカーがトンネルの方に上がっていったので、何かあったんだろうと思いました。警察が走っているなと思って見ていると、おじいさんがいたと気づきました。車もかなり通っていて、危険だと思ったけど、警察の方がしっかり誘導していたので、そこはだいじょうぶと思った。」


幸い、事故はなく、男性にけがもありませんでした。男性は「入る橋を間違った」と話しているということです。


シニアカーは、道路交通法では歩行者扱いで、自動車専用道路を走ることはできません。警察は、「こうしたケースを見かけたときは安全を確保したうえで、すぐ110通報をしてほしい」としています。

広島高速道路公社によりますと、歩行者が間違って入ってしまうことは、年に数回あるということです。