病気などで外見の悩みを抱える患者に対して美容的な支援を行うケアメイクルームが国内で初めて大分大学医学部の附属病院にオープンしました。

13日から大分県由布市の大分大学医学部附属病院にオープンしたケアメイクルームは、国内で初めて患者のメンタルを美容で支援する施設です。

(国際化粧療法協会・大石華法会長)「皮膚でお悩みの方やけがの痕で気になる方、術後の傷が気になるとかそういったものをわからなくするケアっていうので化粧の力を借りるのが化粧療法」

このケアメイクルームでは今年6月から病気やけがなどで皮膚や爪にトラブルがある患者に専門スタッフがカバーメイクやケアネイルを割安で提供します。また、皮膚への負担や刺激が少ない化粧品なども展示・販売されています。最終的には化粧療法の臨床研究や人材育成を進め、保険適用を目指します。

(大分大学・北野正剛学長)「これから全国で(ケアメイクルームのような)施設が増えてくると思います。ご本人が元気になり社会復帰が促されて幸せな生活に戻れるこれが健康寿命につながると思っているので大変意義がある」

附属病院内にあるケアメイクルームは当面、不定期に開設され、外来・入院患者のカウンセリングやリサーチに取り組む方針です。