大分県内おすすめの初夏の味。今回は大分市で30年以上にわたり愛されてきたあじ寿しです。

大分市原新町の「うおしん」。こちらの名物メニューが今からが旬のアジを使った「あじ寿し」です。30年以上にわたり市民から愛されています。「うおしん」は県内では珍しいテイクアウトのあじ寿し専門店。地物を中心に新鮮なアジを使っています。

(うおしん・日高初美さん)「この時期のアジは脂がのっています。一年中新鮮なものはおいしいが、今から特別美味しくなってくる」

臼杵市出身の先代が平成元年に創業した「うおしん」。5年前に現在の場所に移転し創業以来、変わらぬ味を守り続けています。

(うおしん・日高初美さん)「創業当時からずっと合わせ酢はそのままつけたしつけたしで先代からの合わせ酢でしている」

甘めの秘伝の合わせ酢で軽く締めたアジに大葉、紅ショウガなどの薬味をふんだんにのせたあじ寿し。見た目も華やかです。

(渡辺敬太アナ)
「アジのネタが大きい。アジのプリプリ感と紅ショウガと大葉のシャキシャキさがあいまっておいしいです」

(うおしん・日高初美さん)「今から夏にかけて一番おいしい時期になります。食べて皆さん元気になってもらいたい」

また、サバのみりん干しを使った押しずしは甘辛い味付けが子どもにも人気です。ゴールデンウィークは帰省客向けの注文も多いといううおしんのあじ寿し。さっぱりとした味わいは初夏におすすめです。