大分東明高校ラグビー部は、3月の選抜大会で花園の優勝校・東海大大阪仰星と競り合うなど順調に力をつけています。冬の大きな目標、全国ベスト4に向けて、この春新たな力が加わりました。

大分東明のラグビー部コーチに就任した横山陽介さん。神奈川の名門・桐蔭学園高校で主将を務め花園準優勝に輝くと、早稲田大学ではスタンドオフとして1年から試合に出場。その後、トップリーグのNECで4年間プレーしました。

早大時代の横山陽介コーチ


(横山陽介コーチ)「大分東明のラグビーを花園で見てとても良いチームだなと思った。これから将来性があると思ってこのチームが目標であるベスト4、ベスト8に僕の力が貢献できればなと思った」

桐蔭学園時代の顧問に憧れて教員の道に進んだ横山さん。「選手自身に考えさせる」という指導方針には恩師の教えが活きています。

(横山陽介コーチ)「人の話を聞くのは当たり前で人の話を聞いてやるのも当たり前だから、周りを見て自分が何をしなければいけないのかをみんなで考えさせるのが大事だと思って教えている」

東明はモットーとして「エンジョイラグビー」を掲げてきましたが、横山新コーチは理解力の高さがこのチームの良さだとして、スキルや戦術をはじめ練習に対する姿勢もトップリーグの水準で厳しく指導しています。

(梶原健汰選手)「メリハリがあって良いと思います」
(浦山丈主将)「難しいことも多いですけど、自分たちもラグビーのときは集中して厳しくやるので楽しいです」

去年は抽選の末に花園への切符を逃した東明。悔しさを晴らすべく目標を花園ベスト4に掲げる中、若い元トップリーガーの情熱がフィフティーンを更に進化させます。

(横山陽介コーチ)「他の強豪校は多い人数で分かれて練習していると思うんですけど、全員でやっているのが東明の良い部分。ワンチームとして1・2・3年生の学年関係なくやっていけるという部分が大きいと思います。きついことや努力することを楽しめるようになったら、もっともっと上を目指していけるチームになる」