行楽におすすめ大分県内各地の「癒しスポット」。名水の里・竹田市から大野川の源流に位置する白水の滝と河宇田湧水を紹介します。

竹田市荻町の陽目渓谷にある白水の滝は大野川の源流にあり、高さがおよそ38メートル、国の登録記念物になっています。名前の由来には諸説あるものの、糸のような滝が幾筋も流れる様子が白く見えることから名づけられたとされています。

田能村竹田をはじめ、かつて多くの文化人が詩を詠んだ名瀑。秋は紅葉、初夏は新緑の名所として知られています。

(訪れた人)
「道中ちょっと山を歩いたので暑かったが、ここに来ると少し涼しい。癒されます」
「初夏の風をちょっと感じた」

名水の里・竹田の湧水群の中でも湧出量が多いことで知られる河宇田湧水は、道路沿いにあり、アクセスがしやすいため休日には県の内外から多くの人が水を汲みに訪れます。

(訪れた人)
「飲み始めたら必ずこれしか飲まない。コーヒーもお茶もいれるとおいしいと思う」

名水の里竹田を代表する癒しの風景。新緑がまぶしいこの時期、多くの人を魅了します。