“物価の優等生”にも値上げの波が…

(池田有希記者)
「毎日の食卓を支える卵ですが、値上げの波が押し寄せています」

お邪魔したのは愛知県一宮市にある「浮野養鶏」。

鶏、およそ18万羽を飼育し、一日およそ16万個の卵を生産しています。販売先は、小売店をはじめ、加工業者・飲食店など様々。


いまの心配事は…

(浮野養鶏 山崎雄一郎取締役)
「ニワトリのエサの高騰です」

エサには、トウモロコシや大豆の搾りかすなどが使われていますが、そのほとんどをアメリカなどから輸入。そのため、円安の影響で2年前と比べなんと、5割ほど値上がりしているといいいます。さらに。

(浮野養鶏 山崎雄一郎取締役)
「原油価格の高騰によって、配送コストや(卵のパックなどの)放送資材費が高騰しています。値上げせざるを得ない状況です」

我慢も限界。7月1日の出荷分から、価格を1キロ当たり10円から20円値上げする予定だといいます。


鶏卵の場合、生産費の半分以上がエサ代と言われます。

4月、卸し最大手の「JA全農たまご」が、もうエサ代の大幅上昇には耐えられないと、出荷価格の引き上げを発表。

その根拠として発表したグラフが、農水省の飼料月報の数字です。

1トンあたり、2011年は5万5000円あまりだったのが、現在8万5000円を超えています。

安いエサに切り替えると、卵の品質にも関わるので、生産者は、エサをそう簡単に変えるわけにはいかないのです。