鳥取県発の食パンブランドが米子市に誕生しました。
食パンもさることながら、食パンに乗せるあるものが珍しいと話題となっています。


もちもちの食パンの上にのっている色とりどりのシート状のもの。これは一体?

キャスター 薄井靖代
「どんな味がするのか想像がつきません。ではいただきます。まろやか濃厚ですね。パンのふわふわさ濃厚さすごく相性がいいです。初めて食べる感覚です、新食感ですね」

この謎のシートを販売しているのは、米子市にあるパン店「リアン」が手掛ける新ブランド「@HITOKUCHI」。

ブーランジュリ ル リアン 乗本勇生社長
「地元だけではなくて、もっといろんな人に食べてもらいたいというところで、おいしい朝食を食べて1日元気にをスタートしてもらいたいというところでやっています」

食パンは、「リアン」店頭で販売されているパンと同じもので、素材や製法にこだわり、もっちりとした食感が特徴です。

そして、あのシート状のもの。
「バターシート」と呼ばれ、バターなどを冷凍して板状にしたもので、シンプルな食パンに味の変化を生み出します。

味は通常、百花蜜と抹茶、小豆の三種類で、通販のみの販売です。

ブーランジュリ ル リアン 乗本勇生社長
「その日の気分によっていろんな味を変えながら楽しんでいただければなと。焼きたての食パンに乗せていただけるだけで手軽に食べていただけるというのが、一番の特徴かなと思っています」

また、瓶タイプの「バターボトル」もあり、これらをセットにしたギフトセットは、この時期お中元などにもぴったりです。

ブーランジュリ ル リアン 乗本勇生社長
「また食べたくなる食パンには仕上がっているので、まずは一口食べていただきたいと思っています」

鳥取発の食パンブランド、今後、注目です。