6日午後、落雷による停電の影響でJR山陰本線と伯備線が運転を見合わせました。

湿った空気の影響で局所的な雷雨となった6日の山陰地方。
JR米子支社によりますと、落雷の影響で停電し、午後4時すぎから山陰本線の米子‐出雲市駅間、伯備線 岸本‐米子駅間で午後6時でも上下線ともに運転を見合わていました。

運転再開を待つ利用客の中には、3年ぶりに開催される島根県松江市の夏祭り「松江水郷祭」に向かう人の姿も…。
 
利用客は
「水郷祭に(行こうとしていた。)ショックです。」

JRによりますと、午後4時10分ごろ、落雷により安来変電所から送電できなくなったことが原因で、午後6時すぎ全線で運転を再開したということです。

特急など13本が運休、18本に最大で2時間半の遅れが出て、およそ5000人影響があったということです。

けが人はいませんでした。