鳥取県の平井伸治知事は21日定例記者会見で、連日感染者が過去最多を更新した県内状況について、エアロゾル感染を指摘しました。

鳥取県 平井伸治 知事
「エアロゾル感染がBA.5の特徴的な感染の広がりとなっているのではないか。ある感染が広がったケースでは、ここの一角の所が、周りを仕切ってあって、唾液のことを気にして仕切りをつけているわけですが、それが逆に風の流れを止めてしまって、1人を除いて全員が感染したケースがありました」

平井知事は、1人だけ感染を免れた理由に着目しました。


鳥取県 平井伸治 知事
「1人残ったのは、感染しなかった人の所に扇風機があったわけです。扇風機が風の流れを作りますよね。逆に言えばここは風上なのでこちらにはエアロゾルが回らなかった」

そして改めて、感染対策への注意を促しました。

鳥取県 平井伸治 知事
「病院や高齢者の施設みたいに気を付けている所でも広がり得る。その辺が注意を要するところと思います」

平井知事はそのほか、地域のスポーツイベントから感染の連鎖が起こることに警戒感を表しました。