三幸製菓は今年2月に火災が発生し6人が亡くなった建物の解体に向け20日から作業を始めました。
この解体を前に19日は遺族が慰霊のため初めて建物内に入り、火災のすさまじさを目の当たりにしました。

今年2月に火災が発生し6人が亡くなった三幸製菓荒川工場です。

【記者リポート】「三幸製菓荒川工場の火災からおよそ4カ月、F棟では解体に向けた準備が進められています」

三幸製菓は火災があったF棟について損傷が激しく、倒壊の恐れがあるとして解体作業を始めました。

20日からおよそ2か月をかけ、残されていた機械や堆積していた燃焼物などを撤去します。その後、外壁や建物全体の解体に取り掛かり、11月末ごろには全ての作業を終える予定です。

一方、火災で亡くなったアルバイト清掃員の女性の遺族は19日、火災後初めてF棟に入りました。建物の解体を前に「別れを告げる場を設けてほしい」と遺族が要望していました。遺族は、献花台に花を手向けて最後の別れをしたということです。

【遺族】「そのままというか、まだきな臭いにおいもしましたし、最期何を思って母は…と思うと涙しか出なかったです」
「Fスタジオを取り壊す前に立ち会えたことは本当に良かったかなと」

会社も従業員らおよそ100人を集め慰霊式を執り行いました。

また、19日は火災発生時、現場にいた社員が遺族への連絡が遅れたことについて謝罪しました。遺族によりますと「火災が起きてパニックになった」と説明したということです。

三幸製菓は新潟市北区の新崎工場と新発田工場について6月中にも生産を再開する方針です。

【遺族は】「良くなったところを見せてもらって、ここまで改善したよというところを知りたいなと」

遺族の1人は生産再開前に安全な設備になっているかを自分の目で確かめたいとして工場の見学を要望していて三幸製菓が日程を調整しているということです。