新潟県内でがんと診断される件数は年間およそ2万3000件。最も多いのが男性は胃がん、女性は乳がんで、それぞれ全体の2割ほどを占めます。

一方で、がん検診の受診率は胃がんが55%、乳がんが51.4%などと、県民のおよそ2人に1人が早期発見の機会を逃しているという状況です。

今回は、乳がん検診と脳腫瘍治療の最前線について注目してみます。

【記者】
「乳がん検診に行ったことありますか?」

【30代女性】
「行ったことないです。健康だし、違和感もないし、大丈夫かなと思って。でも周りからは『やっぱり受けた方がいいんじゃないか』って」

【40代女性】
「30代・40代・50代ぐらいがなるというイメージです。子どもが生まれたから受けたいなとは思いました」

乳がんは30代から40代にかけて、り患する人が増えるのが特徴とされています。みなさん、検診を「受けたい」とは思っているようですが…。

【30代女性】
「痛そうなイメージ」

【30代女性】
「結構、強めに胸がプレスされるじゃないですか。初めて受けたんですけれど、その時の痛みが残って記憶にある。あれをまたやるのもな、というのが正直あって…」