原油価格と物価の高騰への対策です。むつ市は29日、水道の基本料金を3か月無料にするなどの経済対策を発表しました。

29日の定例会見でむつ市の宮下宗一郎(みやした・そういちろう)市長は、総額3億2000万円の経済対策を発表しました。このうち市民の生活支援では、全世帯の水道基本料金を3か月間無料とします。また、事業者と生産者の支援では、運送業とバス事業者は自動車税を全額給付、コロナ対策でむつ市の認定を受けた飲食店と生産者には1台分を給付します。漁業者は船のトン数に応じて最大50万円、宿泊業者は、固定資産税の3割相当を給付します。

※むつ市 宮下宗一郎 市長
「車や船を生業にしている人にとってすぐに対策できるように、納税している額に応じて全額給付する」

経済対策を盛り込んだ補正予算案は、7月6日に定例市議会に提案されます。