日本ラグビー界のレジェンド五郎丸歩(36)。2021年に現役引退し、現在は、ラグビー・リーグワンに所属する静岡ブルーレヴズのCRO(クラブ・リレーションズ・オフィサー)として、クラブ運営に携わっている。

五郎丸が将来目指すのは、球団の社長。その第一歩として、各界を代表する経営者が持つビジネスの流儀を学ぶ。五郎丸は、史上最年少でサッカーJリーグのトップに就任した野々村芳和チェアマン(静岡市清水区出身)と対談。J1札幌の社長としても、手腕を振るった野々村チェアマンの巧みな経営戦略とは。(進行/新城健太SBSアナウンサー)

vol.1「サポーターは社員、1万人規模の会社だ」
vol.2「目指すは全国じゃない。地元で一番になるために」
vol.3「世界視野に全58クラブを成長させる」
vol.4「得意なもの出せるような仕組みできれば勝てる可能性高い」

五郎丸歩 静岡ブルーレヴズCRO
就任おめでとうございます。選手から経営の道へと進まれた野々村さんには、聞きたいことが山ほどあります。

新城健太アナウンサー
コンサドーレ札幌の社長に就任された2013年当時、クラブはJ2に降格したばかりで、経営状況はいかがでしたか。

野々村芳和Jリーグチェアマン
厳しい状況でした。僕が社長として行った当時、クラブの売り上げは10億円ほどの予算を立てていて、ちょっとした債務超過がありました。Jリーグでは、債務超過が続くクラブは、Jリーグから排除されてしまうルールがあり、それも踏まえた経営が求められます。しかし、サッカーの世界では、10億円ではとても勝てない。