東京は5日連続猛暑日、群馬・伊勢崎で40度を観測しました。週末まで危険な暑さが続きます。6月28日、東京都は熱中症で救急搬送者数が今年最多の224人になりました。また、危険な暑さを受けて、日本救急医学会が緊急会見を開きました。スタジオで詳しく見ていきます。

ホラン千秋キャスター:
暑さにより、熱中症の疑いで救急搬送される方が大変増えています。6月28日までで4日連続猛暑日、29日を入れると5日連続ということになります。28日も、救急搬送者が多いというお話しましたが、28日、2022年の1日としては最多の224人が都内で熱中症の疑いで救急搬送されることになりました。いくつか事例をご紹介します。どなたも気をつけていただきたいです。

熊本県荒尾市、遊園地「グリーンランド」に修学旅行で訪れていた女子高校生17歳です。

午前10時半から友達とアトラクションを楽しんでいましたが、午後、ちょうど最も暑くなる時間帯の2時前に倒れてしまいまして、119番通報。一時意識不明の重体だったということです。その後、意識は回復しましたが、熱中症は命を落としかねないことになるのでご注意いただきたいです。

さらに、神奈川県川崎市の小学校での事例です。


午前中、児童らが校外学習で公園へ約2キロ歩いていました。学校に戻った後、しばらく経って午後3時半ごろ、6年生の女子児童10人が体調不良を訴えて、搬送されました。皆さん熱中症の軽症と見られています。

子供だけではありません。大人も危険です。

東京都千代田区で、清掃用のゴンドラが故障をして、作業員4人が取り残されてしまいました。1時間後に救助されましたが、そのうちの1人(20代)が、どうも熱中症らしいということで搬送されましたが、軽症だったということです。年代関わらず、皆さん熱中症警戒していただきたいと思います。