ロシアのプーチン大統領はベラルーシのルカシェンコ大統領と会談し、欧米への対抗で両国の連携をアピールしました。

ロシア プーチン大統領
「ロシアの経済は制裁に耐えている。非常によく耐えている」

プーチン氏は23日、ロシア南部のソチでルカシェンコ氏と会談しました。プーチン氏は天然ガスの支払いなどをロシアの通貨ルーブルに移行したことで「ルーブル強化に貢献している」と語り、制裁対策が経済の強化につながっていると強調しました。

一方、ルカシェンコ氏はポーランドとNATO=北大西洋条約機構がウクライナを「解体」しようとしているなどと根拠を示さずに一方的に主張しました。

両首脳は16日にも会談していて、欧米への対抗で連携をアピールしています。