ロシア軍が包囲するウクライナ南東部の製鉄所に取り残されていた民間人のうち、およそ100人が退避しました。ゼレンスキー大統領は、この地域で「初めて2日間の停戦が実現した」と強調しています。

ウクライナ ゼレンスキー大統領
「戦争が始まって以来初めて、極めて重要な人道回廊が機能した。そして(アゾフスタリ周辺で)初めて2日間の停戦が実現した」

ゼレンスキー大統領は1日、マリウポリのアゾフスタリ製鉄所から女性や子どもら100人以上が退避したと明らかにしました。国連の支援を受けたとしていて、映像にはロシア軍の車両とともに、国連の車両や赤十字国際委員会の関係者の姿も見られました。製鉄所にはおよそ1000人の民間人が取り残されているとされています。

製鉄所から退避 ウスマノワさん
「信じられない。2か月の暗闇でした。バスに乗っているとき、夫に『もう懐中電灯を持ってトイレに行かなくていいの?』と尋ねてしまいました。『袋やバケツ、懐中電灯を使わなくていいの?』って。ずっと太陽が見えなかった」

ゼレンスキー大統領は、民間人を乗せたバスは2日に南東部ザポリージャに到着する予定だとしています。また、条件が整えば、現地時間午前8時からマリウポリに残る人々の退避が引き続き行われるとしています。

一方、今回の退避についてロシア側は、「ウクライナの民族主義者に拘束されていた女性や子どもを含む80人が解放された」と発表しています。