世界的人気の韓国の音楽グループ「BTS」の所属事務所「ハイブ」が、「東方神起」や「BoA」などが所属する大手事務所の筆頭株主に浮上することが明らかになりました。

「ハイブ」はきょう、韓国の大手芸能事務所「SMエンタテインメント」の創業者である李秀満氏から14.8%の株式を日本円にしておよそ440億円で取得する契約を結んだと発表しました。

「BTS」や「ニュージーンズ」などの人気グループを擁するハイブは韓国の芸能関連企業としては時価総額でトップですが、今回の株式取得で「BoA」や「東方神起」「少女時代」といったKPOPアーティストが所属する「SMエンタテインメント」の筆頭株主となる見通しです。

ハイブは「両社のグローバルな力を結集し、世界の大衆音楽市場でゲームチェンジャーに飛躍する」としています。