見つかった50年前の「看護記録」

残留日本兵・横井庄一さんの「看護記録」が今月、東京・新宿区の国立国際医療研究センター病院から届いた。

50年前の看護記録に残されていたのは…


横井庄一さんは、1972年2月2日から4月25日まで84日間、この病院の前身である国立東京第一病院に入院していた。

いまや横井庄一さんを知る人は国内でどれほどいるのか…。

太平洋戦争の「グアムの戦い」で米軍に完膚なきまでに叩きのめされた日本軍。1944年のことだった。

ジャングルで捕まった直後の横井庄一さん

グアムから帰国した“元日本兵”に国内熱狂

歩兵第38連隊に所属していた横井庄一さんたちは、散り散りになってグアムのジャングルに逃げ込んだ。

「捕虜になってはいけない」と誰もがたたき込まれていた時代。

横井庄一さんが潜伏した月日は28年にも及び、1972年1月24日に現地で島民に捕らえられた。

翌2月、日航特別機で帰国することに。

帰国翌日から札幌五輪が開幕という日だった。機体にも五輪を知らせる表示が確認できる。

羽田空港に帰国した横井庄一さん

この年は「あさま山荘事件」「田中角栄内閣発足」「全日本・新日本プロレス旗揚げ」「太陽に吠えろの放送開始」「沖縄返還」「ミュンヘン五輪」「高見山が外国人力士で初の幕内優勝」などなど、話題豊富・・・激動の日本だった。