“生娘をシャブ漬け戦略”。耳を疑うようなその発言に、波紋が広がっています。牛丼チェーンの吉野家は、不適切な発言をした役員を解任しましたが、店には客の激しいクレームが来ているようです。「吉野家はシャブを売っているのか」。スタッフがその恐怖を語りました。

■吉野家“生娘シャブ漬け”の波紋 店はクレームに恐怖

2019年、吉野家元常務取締役の伊東正明氏は、新商品についてこんな説明をしていました。狙っていたのは、女性の顧客拡大。

吉野家 伊東 正明 元常務取締役

吉野家 伊東 正明 元常務取締役
(2019年)
「より女性の方が頼みやすいメニューに なっていると思うので
より女性が利用するテイクアウトにはかなり力を注いで販売促進をかけようと思う」

これまで吉野家のマーケティング戦略のキーマンだった伊東氏。
しかし、4月16日、早稲田大学の社会人向け講座に講師として登壇した際の発言が問題となっています。参加者のSNSによると・・・

伊東氏が登壇した講座の参加者とみられるSNS投稿

(参加者とみられる投稿)
「若い女性を狙ったマーケティング施策を『生娘をシャブ漬け戦略』と笑いながら何度も発言。
『田舎から出てきた右も左もわからない若い女性を無垢・生娘なうちに牛丼中毒にする。男に高い飯を奢って貰えるようになれば 絶対に食べない』だそう」

この発言に、街の人からは・・・

女性
「見下している感じ。なめてるみたいな 平たく言えば『なめてる』みたいな」

男性
「こういう大人もまだいるんだな」

女性
「前までは結構おいしいなと思って 食べてたんですけど、まだ女性軽視の風潮が残っているのかなと少し思いました」

男性
「クスリをイメージさせるような 言葉があったので、それはちょっとやめてほしいですよね。 食べる方からしたら」