学校や保育園で、子どもが受ける深刻な性被害。「小児性愛」を自覚しながらも40年近く教壇に立ち続けた男性を取材した。教育現場での加害行為は「一切ない」と話す男性だが、実の娘からは、男性から受けた性被害の実態が語られた。

■「小児性愛」を自覚しながら教壇に立ち続けた男性 現場での加害行為は「一切ない」

学校や保育園での幼い子供への性被害は、どうすれば無くせるのか。

今回、小児性愛障害を自覚しながらも、40年近くにわたり教壇に立ち続けた男性が取材に応じた。妻との間に2人の子どもをもうけ、神戸市の小学校で、校長まで勤め上げたという男性。今回、初めてカメラの前で、こう告白した。

元教員の男性
「小さい子どもを大事にするというか好きになるとか。小児性愛、そんなんかもしれないし・・・」

思春期の頃から複数回にわたり、幼い少女へのわいせつ行為に及んだという。

元教員の男性
「中学3年の頃、同じクラスの女の子から誘われて、映画見ようって一緒に行ったことがあるんです。その時に小学生ぐらいの女の子の横に行って、ちょっと下腹部を触れてみるとか。小さい女の子に手を出すというのは、やっぱり、(相手が)抵抗しにくいというのがあるんでしょうね。大きい人には絶対そんなことしませんから」

男性はその後、教員となり、およそ40年間校長まで勤め上げた。だが、教育現場での加害行為は“一切無かった”と強調した。

元教員の男性
「子どもたちに言っていることが、人の嫌がることをするなと。ですから、かなり長い年月勤めましたが、教育現場でそういうことをした覚えはないです。教育愛というか、それに燃えてましたから」
  

■「異常性愛者だと思う」被害は実の娘や姪に・・・男性の素顔とは

しかし、その間、男性からの性被害を受けていたという女性がいる。男性の実の娘の、たかこさんだ。

たかこさん
「4歳か5歳ぐらいのときに、寝ていた私の横に父親が入ってきて、私の下着の中に手を入れるという行為があったのを覚えています。ものすごく恐ろしいことをされているという。
全く、身体が動かないんです。硬直して金縛りにあったようになって、指一本動かせなかったです」

性被害はその後、13歳まで続いた。被害は、姪にまで及んでいたという。

たかこさん
「異常性愛者だと思いますよ。家に小さな女の子の裸の写真を飾っていましたもん。5歳ぐらいの女の子が好きという話も聞いたことがあります」

しばらく絶縁状態にあった父親。今回、父親が取材を受けることになったのは、「自分が犯した罪の重さに、向き合ってほしい」とたかこさんが強く促したからだ。

学校での加害行為は、本当に無かったのか。たかこさんは、今でも疑念を強く抱いている。

たかこさん
「加害者は、私が小さいときから倫理的じゃないというか、道に外れたことを平気でする人だったので。勤務校の子どもに何かしたのではないか、という心配はずっとあります」

たかこさんは、一時は自傷行為が止められず、今も、うつ病やアルコール依存症などの後遺症に、苦しみ続けている。

たかこさん
「虐待を受けた体験というのは、冷凍保存されると言いますよね。で、何年経ってもそのままなんですよ。心の中に冷凍保存されたまま。加害者にしてみたら、それは色褪せていくんですよね。加害したことは。苦しみをどれだけ分かっているのかという、それを聞きたいですね」