26日午後2時頃、長崎市蛍茶屋電停付近で、路面電車が、車と後続の電車に衝突する事故があり、電車の乗客4人がケガをしました。
きょう午後2時頃、長崎市中川2丁目の蛍茶屋電停近くで電車2両と車1台が絡む事故がありました。

警察によりますと、線路の分岐点の切り替えミスで、蛍茶屋電停に進んでいた電車の車体方向がずれ、軌道敷外に停止していた乗用車と衝突──
その後、電車がバックし、停止していた後続の電車とも衝突したということです。

この事故で、先行していた電車に乗っていた女性1人が病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。
また、後続の電車に乗っていた乗客3人が軽いけがをしました。

長崎電気軌道によりますと、車に衝突した先行車両と後続車両は60メートルほど離れていたということです。
現場は緩やかな坂道となっており、何らかの支障が発生して電車が制止できず、後続の電車に衝突した可能性もあるとみて調べています。

この事故の影響で、午後4時半現在、蛍茶屋と市民会館の間の上下線が運転見合わせとなっています。復旧の見通しは立っていないということです。