コストコ出店の再開発計画に市民からは歓迎の声が聞かれました。

また経済の専門家は県内外からの集客が期待できる中で地域の魅力を伝えるいい機会になるなどと話します。

南アルプス市民 女性:
ファミリー層が多いので大量買いとかのニーズはあると思う。

南アルプス市民 女性:
(山梨に無く)立川方面まで行っていたので近くにできてよかった。地域の活性化につながることを期待します。

南アルプス市民 男性:
ほかのお店がダメージを受ける、それがちょっと心配ですね。


経済の専門家は今回の誘致は交通の利便性が良い場所なため、県内外からの集客に大きな影響があると期待を寄せます。

山梨学院大学経営学部 今井久教授:
(中部横断道で)南は静岡から北は長野とか東京寄りも含めて県外からコストコ目当てに山梨にくるお客を見込めると思う。そういう人をターゲットに山梨県独自の資源であったり魅力を発信する場、何かを売る場になったらいいと思う。


一方で、地元企業との共存については、それぞれの良さを出していくことが必要と話します。


今井教授:
コストコはコストコで他の企業は他の企業で(それぞれの)メリットを生かしながら対抗していくべきだと思う。(南アルプス市は)自転車や果樹ですね。たくさん地域の資源があるので、それを知ってもらうきっかけや触れてもらうきっかけにになれば良いと思う。