電力需給がひっ迫する中、福島県いわき市にある常磐共同火力勿来発電所の9号機が、トラブルで停止しています。

常磐共同火力によりますと、30日午前3時ごろ、勿来発電所9号機でトラブルがあり、停止しました。発電所は、最大60万キロワットですが、今回のトラブルで、35万キロワットが出力できなくなっているということです。常磐共同火力では、午後3時をめどに、復旧を目指しています。

発電所では、東電管内にも電力を供給していて、さらに電力需給がひっ迫するおそれがあります。政府は、30日も東京電力管内の電力がひっ迫するおそれがあるとして、注意報を継続しています。