特集はシリーズSDGsです。宮城県大崎市の天然記念物の淡水魚「シナイモツゴ」がある外来種の繁殖によって生存を脅かされています。生態系の回復には外来種の駆除が欠かせませんが、資源として有効活用するため、いま地域ぐるみの活動が行われています。

宮城・大崎市鹿島台にあるため池


大崎市鹿島台にあるため池。およそ3万平メートルの広さがあり、豊かな生態系が育まれています。池には、1916年この地区にあった「旧品井沼」で発見され、現在は絶滅危惧種に指定されている淡水魚の「シナイモツゴ」など、多くの魚や水生昆虫が生息しています。

絶滅危惧種 シナイモtゴ


しかし、ある生物の存在がそれらの生存を脅かしています。
ため池の厄介者の正体それは・・・、外来種のアメリカザリガニです。
魚や水生昆虫の生息に必要不可欠な水草を食べるなど、生態系に大きな影響を及ぼしています。

アメリカザリガニ


先月28日、今シーズン初めてアメリカザリガニの駆除が行われました。参加したのは、シナイモツゴの保護活動をする「シナイモツゴ郷の会」のメンバーと地域住民です。この会は2013年から活動を行っていて、去年はおよそ4万匹を駆除しました。

シナイモツゴ郷の会 高橋清孝理事長
「ザリガニが入って生態系が破壊されている所は、やはり適切に防除して元々の環境を取り戻すことによって、絶滅危惧種の保存を続けていけると考えている」