餌を求めて山から下りてきたのでしょうか?
21日、仙台市青葉区の住宅地にカモシカが出没しました。

住宅地そばの空き地を歩くカモシカ。しばらくすると姿を消しました。カモシカが現れたのは、仙台市青葉区の中山台四丁目公園です。

「最初、この柵の内側をうろうろしてました」おととい午後、近くに住む浅野由貴子さんが目撃し、自宅2階のベランダから撮影しました。体長は1.5mほどと大きく、恐怖を感じたといいます。
「目の前で撮っている時に見ても大きかったです。怖いですね、このあとどこに向かったのか」

近くの空き地で草刈りをしていた男性も間近で目撃しました。「最初は大きい犬かなと思ったんですけど。実際、私に襲ってきたらと思うとドキドキする」

仙台市によりますと、市内でのカモシカの目撃件数は先月と今月で合わせて17件で、増加傾向にあるということです。カモシカは人に危害を加えることはほとんどないということで、市は、「発見した場合は近づいたり、驚かせたりせず、静かに見守ってほしい」と話しています。