ホンダの人気オートバイ「スーパーカブ」の愛好家が集まるイベントが22日、宮城県気仙沼市で開かれました。

気仙沼市の道の駅・大谷海岸で開かれたバイクミーティングには、県内外からスーパーカブの愛好家とその愛車115台が集結しました。このイベントは、ライダーたちに気仙沼市を訪れてもらおうと、地元のスーパーカブ愛好家が企画しました。参加者は、それぞれの愛車の写真を撮るなどしながら交流を深めていました。


参加者「横浜から来ました。仲間もたくさんできました」

主催者・米倉伴式さん「東日本大震災から11年が経って復興が進んだということをバイク好きの人たちにも見てもらいたいというのがあった」

バイクミーティングは、ここ数年、新型コロナの影響などで開催が減っているということですが、主催者は、気仙沼市の地域おこしにつながるよう、スーパーカブのバイクミーティングを今後も開きたいと話していました。