宮城県内の道の駅を紹介するシリーズ道の駅。
6回目の5日は、村田町の「道の駅村田」です。毎日、新鮮な野菜が並ぶほか、季節ごとのイベントも充実しています。

仙台から車で40分ほど。東北自動車道村田ICのすぐ近くにあるのが、道の駅村田です。蔵づくり風のたたずまいは、「蔵の町」と呼ばれる村田町を象徴しています。

道の駅は蔵づくり風


まず目を引くのは地元で採れる新鮮な野菜!
大きなタケノコやアスパラガスにワラビなどの山菜。
契約する約100軒の地元農家が持ち込む朝採りの野菜を買い求めようと、連日大勢の人が訪れます。

大きなタケノコ


道の駅村田 村上博事務局長
「きょうあたり最高潮ですね。だいたい1日当たり1500~2000人くらい来ているのではないですかね」

道の駅村田 村上博事務局長


市価より2~3割安く買えることも人気の秘密です。

訪れた人
「すぐに売り切れちゃいますよね」
「ちょっと寄ったりして、珍しいものを買えたりしてよい」

道の駅村田 村上博事務局長
「今のシーズンは山菜がおすすめですけど、来月になると村田の特産ソラマメ、8月がトウモロコシの味来が、おすすめですね」

村田町特産 ソラマメ


恒例の「そらまめまつり」には毎年、大勢の人が詰めかけるほか、糖度が18もあり生でも食べられるトウモロコシの品種「味来」も夏場の大人気商品です。

去年の「そらまめまつり」
トウモロコシ「味来」


イベントも充実しています。
今月8日までは春の洋ラン展が開かれていて、約200品種、2000鉢が展示即売されています。

春の洋ラン展


訪れた人
「やっぱり珍しいものいっぱいあって、興奮するような花の数ですよね」

物産品のコーナーも人気です。
地元の食材を使った加工品が所狭しと並ぶ中、目につくのが、ソラマメアイスに
ソラマメ大福、ソラマメ米粉麺。そう!村田町の特産ソラマメを使った商品です。

そらまめアイス


そして極め付けはこちら!一見、茶ソバのように見えますが・・・もうお分かりですね、「そら豆ざるうどん」です。
パウダー状にしたソラマメを麺に練り込んでいて、このレストランでだけ食べることができる珍しい一品です。

そら豆ざるうどん


四季折々の特産品や様々なイベント。道の駅村田は1年を通して訪れる人を温かく迎えてくれます。