シリーズ道の駅5回目は、宮城県の三陸道・河北ICそば国道45線沿いにある、石巻市の「道の駅上品の郷」です。今回は後藤舜アナがその魅力を紹介します。

「道の駅・上品の郷」に到着しました。ただ休むだけでは、もったいないということで、さっそく抑えておきたいポイントを聞いてきましょう。

道の駅上品の郷・菅原亜希さん「今だと春セリですね、そして、最大の売りは、温泉ですね、ぜひ旅の疲れを癒して欲しいです」

菅原さんの言う通り、こちらには山菜が並んでいて、そして葉せりがあります。Nスタみやぎの中でも収穫の様子をお伝えしましたよね。ここで買うことが出来るんです。

こちらが、北上川でとれた特産のシジミです。このシジミを使った変わった名物があるということなんですが・・・こちら、シジミアイスなんです。すぐにでも味見をしたいのですが、上品の郷の最大の売り、温泉を堪能したあとの楽しみにとっておきましょう。

道の駅に併設する温泉施設で、岩風呂と檜風呂の大浴場があります。最近注目を集めるサウナ疲れた体を整えます。

こちらの水風呂、なんと温泉の源泉なんです。源泉の水風呂を堪能しつつ体をととのえます。

ととのったところで、先ほどのシジミアイスを食べましょう。

そろそろ、お腹が空いてきました。フードコートでご当地グルメ「サバだしラーメン」をいただきました。さっぱりとしてサバの風味が利いてます。

締めはスイーツ。今年オープンしたばかりのお店で作っているのは、石巻産のトマトとイチゴを使ったスムージー「tomaberryスムージークリーム」です。

体だけでなくお腹もととのいました。
「上品の郷ありがとうー!」