宮城県富谷市のゴルフ場に23日、珍しい客が現れました。

こちら、フクロウです。
かわいらしい姿にラウンド中のゴルファーも癒された様子でした。

フワフワとした羽をまといゆっくりと首を回すフクロウ。
逃げる様子は見られません。

フクロウの赤ちゃん


フクロウが現れたのは富谷市にあるゴルフ場富谷カントリークラブです。

23日早朝、クラブの従業員がコースで作業中に見つけました。

体長はおよそ30センチ。まだ、幼鳥と見られます。

体長約30センチの幼鳥


八木山動物公園飼育科飼育係 吉井誠さん
「おそらくホンドフクロウかなと思います。大きさと、フクロウの繁殖というのが、基本的に3月ごろになりますので、卵から孵化して1か月ほどかな」


ゴルファーが近づいて撮影してもその場でじっとしたまま。

なぜ、ゴルフ場に現れたのでしょうか?

八木山動物公園飼育科飼育係 吉井誠さん
「(生まれて)まだ1か月ほどですと、そういった(はばたきの)練習とかは見られないかなと思いますね。巣の形が不安定で、たまたま落ちてしまった可能性も高いかなと」


このフクロウ、その後、県の自然保護員によって保護されました。
けがはしていないということです。


八木山動物公園飼育科飼育係 吉井誠さん
「基本的に森林の中で生活をしているフクロウなんですが、狩りとかを行うのが見通しの良い場所で行いますし、ゴルフ場は(生息に)適した場所なのかなって思いますね」

今後の対応は検討中


保護している自然保護員は、しばらく様子を見たうえで今後の対応を検討すると話しています。