海洋生物の赤ちゃんばかりを集めた世界的にも珍しい「幼魚水族館」が7月7日、静岡県清水町の商業施設にオープンしました。

清水町の「サントムーン柿田川」にオープンした「幼魚水族館」には、駿河湾を中心に世界各地から集めた海水魚、淡水魚の幼魚など約100種類が展示されています。

メジナなどの幼魚が、人間が捨てたごみと共生しながらたくましく育つ姿を再現した水槽や、なかなか見ることができない「タカアシガニ」の卵など貴重な展示も楽しむことができます。

<男の子>
「ウミウシなんだって。かわいい」

<母親>
「稚魚ばかりというのがとても珍しいので面白いなと思ってきました。(こどもも)とても喜んでます。自分と近い存在なので」

幼魚水族館は全国の研究機関とも連携していて、成魚となった魚は、水族館を「卒業」し、研究に役立てられるということです。